学習塾 トライ

学習塾のトライの特徴

今回は学習塾のトライについて書いていきたいと思います。

トライは現在ハイジとコラボしてCMされています。見たことがある人がほとんどだと思いますし、印象的なCMではないでしょうか。 1度見たら忘れられないですし、ハイジが出てくればトライのCMと言うことが誰でもわかると思います。

トライは映像学習サービスをしており、スマホやタブレットを使いながら行う映像授業は永久0円だそうです。 自分のペースで学べて、受けたい授業を自由に選択でき、わからない所は何度も見直すことが出来ますし、スマホやタブレットを使いながらなので学習する場所を選びません。

映像学習であれば、部活や他の習い事が忙しい子供でも自分で時間を見つけて出来るようです。 授業を15分の短時間に凝縮しているようです。学校に行かなくても平均点以上とれるくらいに効率よく学習できるようです。そしてスマホを振るだけでわからない所が簡単に記録出来るようになっているようです。

映像学習ですが、わからない所はトライの厳選された教師に質問することもできて、添削指導を受けることができるようです。添削指導は、オプションなのでお金がかかるようです。

中学生は英語、数学、理科、社会が見られるようですし、高校生は数学ⅠAⅡB、英語の文法が見られるようです。

体調が悪くて学校を休んでしまっても、遅れを取り戻すことも出来るようです。苦手な所もこれを使えば、理解できるのではないでしょうか。

他にも1対1の個別指導もしています。 対話式授業なのでわからない所は出来るまで丁寧に指導してくれますし、教師も固定なので、その子供がどこが弱点なのかと理解して、目標を達成できるようです。 1人1人でカリキュラムが作れるので、進めやすいと思います。

他にもコースがたくさんあります。小学生ですと、中学受験対策、小学生一般、苦手科目克服、小学生英語、検定試験対策などがあります。

中学生ですと、高校受験対策、定期テスト対策、苦手科目克服、部活との両立、中高一貫校のサポートなどがあります。

高校生ですと、大学受験対策、定期テスト対策、苦手科目克服、中高一貫校のサポート、内部進学対策などがあります。

このようにトライには、色々なコースがあるので自分に何があっているのか、どのように学びたいのかをしっかり考えて決めましょう。

そしてトライは全国に446教室あるようです。

学習法は、わかったつもりを防いだり、やる気をアップさせたり引き出したりする方法のようです。 子供の中には、わかっていないのにわかったつもりになっている子がいると思います。私もそのうちの1人でしたが、わからない所はいつまでたってもわかないので、しっかり教えてもらった方がいいと思います。なので、この方法をすれば多くの子がわからないという所がなくなると思います。
他にも自宅で英会話教室も出来るようです。それもマンツーマンなのでしっかり学べると思います。 親子で学びたいというような要望があれば、そうしてくれるようです。目的に合わせてその人に合ったぴったりの教師を選んでくれるようです。

子供から大人までの幅広い年齢の人が学べるのがいいポイントだと思います。 英語の場合は、幼児から小学生だと英語感覚の養成やアルファベット学習や小学生英語やスピーチ練習などのコースがあります。

中高生だと、リスニング・スピーキング対策や日常会話や英検対策などのコースがあります。

大学生・社会人だと、留学準備やビジネス英会話、旅行英会話などのコースがあるようです。

このようにトライには、色々なコースがありさまざまな方法で学習できるのです。 なので、自分に合った方法で学べますし、自分のペースで学べることが出来るのは、とても嬉しい所だと思います。

苦手な科目を克服出来たり、わからない所をそのままにしないで解決すれば、勉強ももっとやりやすいと思います。

そしてトライは勉強の他にも、かけっこが早くなりたいなどという要望やスポーツ系のことも指導してくれるようです。 昔は、勉強だけの指導でしたが、現在は勉強以外も指導してくれるようになったので、すごく助かると思います。

小学生くらいの子供なら、かけっこが早くなりたいという子が多いと思うので、こういうことも指導してくれるのは、ありがたいと思います。

現在CMでも紹介されていますが、大人の家庭教師もやるようになりましたよね。趣味のコースや資格コース、語学コースなどがあり色々なことが学べるようです。 趣味の講座で料理やピアノや野球なども教えてくれるようなので、すごくいいなと思います。子供が手がかからないようになれば、自分の時間が出来るので趣味に使うようにするといいと思います。 私も子供が手を離れたら趣味に使いたいと思います。 どの指導を受けるにしても、どのような感じか知りたいと思うので、気になるという人は資料請求をしてみるといいと思います。

↑ PAGE TOP