学習塾について

学習塾

a1

学習塾について書いていきたいと思います。
昔に比べると、現在は学習塾に通っている子供が増えていると思います。そして自分が苦手な所を克服するために通っていたり、勉強の補強といて通っている子が多いのではないでしょうか。

ではまず始めに、学習塾とは小学生や中学生が放課後に学力の補強のためや、学習の補助などをするために子供を集めて学ばせる施設のことを言います。ほとんどの人は、学習塾のことを略して「塾」を呼ぶことが多いです。そして受験対策を行う塾のことは「進学塾」と言われています。

ほとんどの塾は主要5教科の国語・算数、(数学)・理科・社会の学習を特化しているようです。 ですが生徒や保護者の希望で多いのが、英語や算数(数学)、国語の教科のようで、個人塾では、英語のみを学ばせる塾や英語、算数(数学)、国語のみと限定している塾も多くあるようです。 また学習塾では、主要科目の弱点補強や高度の学習や入試対策に力を入れているようです。

そしてごく一部の塾では、定期テスト前に中学の副教科(保健体育、他)の記述学習に対応して学習する塾もあるようです。

学習塾の数だけを見てみると、個人塾の方が圧倒的に多くあり、個性的な指導をして実績を上げる所も多いとされています。

そして多くの塾では、模擬試験をして個人の学習レベルをある程度知ることが出来るのです。大手の塾であれば、生徒も多いので塾内模擬試験を行いますし、中学生と小学生の塾であれば、模擬試験専門会社の物や教材会社が主催している模擬試験をしているようです。

また大手の塾は、学力別でクラスを分けてることが多いようです。学力がまったく違う生徒と学習するより、このように学力別にした方が、学ぶ側からしてもしいのかもしれませんね。

中学生や小学生の塾では、人数の都合上でクラスが分かれていないというところの方が多いようです。 そして個別指導の塾などは、その人の実力に応じて対応できるので、クラス分けはしないようです。

個別指導の場合は、巡回しながら学年の違う生徒や科目の違う生徒の指導を同時に対応できる能力を求められます。ですが、講師は指導できる科目と学年のみを担当するので、講師が不得意な科目を教えるということはないようです。 不得意な科目を教えるのは、難しいことだと思うので良いのではないでしょうか。教えられる生徒からしても、不得意な科目を教えられるのは嫌ですよね。

ですがほかの塾の場合は、学習内容だけではなく勉強の仕方の指導も行うので、全体の流れやペース配分をするのに慣れるまでは、講師にかかる負担が多いようです。

講師は社員やアルバイト講師がいます。
社員は、塾を専業として働いて社会保険に加入している一般的な正社員のことを言います。
アルバイト講師は、学生や主婦の他に、他の仕事をしている人などの短期契約をしている人を契約社員と言います。 元は塾の生徒で大学生アルバイトを始めて、そのまま社員を目指して教室管理者になることもあるようです。

ゆとり教育になった結果、塾に行っている子と行っていない子の学力の差がますます広がるのではないかとされています。 海外に在住している日本人の間でも塾に通うという子が多いようです。それは、海外での学習で、帰国して日本の学校に入学や編入した時に求められるレベルに合わせられないのが問題のようです。

昔は少なかったのですが、現在は塾のフランチャイズ化が増えました。独自のノウハウを提供していき全国に拡大しているようです。塾のフランチャイズでは、経営者自身が指導する必要はなく、誰でも塾を開くことが出来るようです。ですが、指導する生徒が増えたぶん、アルバイト講師が多く採用されて、指導するほとんどがアルバイト講師になってしまうようです。

そして現在は、色々な学習塾があり、どの学生塾に通わせればいいのかを悩んでしまうことがあるかもしれません。選ぶ時は、自分の子にどの科目を学ばせたいのかと、何が弱点なのかをしっかり考えることが大切だと思います。そして子供自身が何を学びたいと思っているのかもしっかり考えてあげてほしいです。

また学ばせ方も個人指導がいいのか、個別指導がいいのか、皆で学ぶ方法がいいのか、学力別でクラスが分かれるような方法がいいのかでも選ぶ学習塾が変わると思います。

周りに塾に通っている人がいるなら、その人に話を聞いてみてどのような仕組みになっているのか聞いてみるのもいいと思いますし、今はネットでも色々な情報が載っているので見てみて決めるのもいいと思います。 それにその気になる塾に直接電話をして聞いてみるのもいいと思います。

しっかり考えて決め子供が学びやすい環境の塾に通わせてあげましょう。学びづらい学習塾に通わせてしまうと勉強をしたくないと思ってしまうかもしれませんから、親だけで考えるのではなく子供と一緒にどの塾にするのかを選んであげるといいと思います。学習塾くらいは行かせてあげたい。そんなときはお金を借りてみるのはいかがでしょうか。専業主婦でも借りれるカードローン|旦那に内緒でお金を借りる

↑ PAGE TOP